(株)グレープシステム ホームページ

トップ > イベント情報 > IoT/M2M展

第7回 IoT/M2M展(春)

IoT/M2M展は東京ビッグサイトにて、5月9日から3日間の開催

~~お知らせ~~

5月10日にグレープシステムブースにてIoTソフトウェアプラットフォーム「Murano」の元開発社:米国EXOSITEから新製品のデモ実演を行います。ぜひ弊社のブースまでお立ち寄りください。

ビジネス検討や導入相談のご希望がございましたら、ページ下のフォームにご記入頂ければ、展示会で相談席をご用意させていただきます。

出展概要

Home Automation Micro-Vertical Engine ソリューション

IoTプラットフォーム「Murano」を用いIoT用WiFiドングルを接続することで、家電製品等の各種機器を簡単にIoT機器化するソリューションを展示します。本ソリューションは家電だけでなく、産業機器などにも適用可能で、機器側の変更は少量で、遠隔監視制御はもちろん、簡単なデータ分析、Goggle HomeやAmazon Alexaと連携した音声制御もデフォルトで提供可能となります。

Bluetooth IoT ゲートウェイソリューション(CO2センサー適用例)

最近のセンサー機器や健康機器は、Bluetoothを用いてデータを上げる機能を提供しています。そこで、Renesas Synergyを用いたBluetooth IoTゲートウエイにより、Bluetooth対応センサー機器の一例として旭化成エレクトロニクス株式会社のCO2センサモジュールを上記HAMVソリューションに繋げるデモを展示します。本ソリューションでは、センサーの遠隔モニタリングだけでなく、サービス連携機能のIFTTTを用い、センシング結果を用いた他装置との連携制御デモを行います。

パーソナル GPS/Sigfox 監視

低コスト、低消費電力のSigfox通信を用いたパーソナル監視デバイスのIoTプラットフォーム「Murano」による監視サービス例を展示します。本サービス例では、デバイスに内蔵されたGPSやSOSボタンにより、介護者の追跡、検索、監視、ヘルプを可能とすると共に、「Murano」での行動範囲設定により、介護者の範囲外移動監視も可能です。

X-Ware IoT Platform x Google Cloud

Express Logic社の高速リアルタイムOS「ThreadX」を用い、暗号化通信TLSでGoogle IoT Cloudにセキュア接続し、オンボードカメラを通して、リアルタイムでの顔認証、テキスト抽出のデモを行います。

音声認識ソリューション

Renesas R-Car M3にMighty Works社製音声高音質化ミドルウェアを実装し、音声認識率をアップさせるデモを行います。音声認識エンジンには、Sensory社製コマンド・トリガー型音声認識エンジン「TrulyHandsfree」を使用し、展示会場のような高ノイズ環境下でも問題なく認識することを確認出来ます。

※展示内容は⼀部変更になる可能性があります。

展示会情報

開催日程 2018年5月9日(水)-11日(金) 10:00〜18:00 (11日のみ17:00終了)
アクセス 会場へのアクセスはこちら
公式サイト 第7回IoT/M2M展(春)
ページのトップへ戻る