(株)グレープシステム ホームページ

トップ > 製品情報 > オープンソース > OSSのバイナリライセンス管理

OSSのバイナリライセンス管理

Clarity

Insignaryが開発したClarityは、組み込みファームウェアやセキュリティ上の脆弱性があるバイナリの事前スキャンが可能で、潜在的なライセンスコンプライアンスの問題を特定します。
Clarityは、ソースコードやリバースエンジニアリングなしでバイナリ上で動作する独自のフィンガープリント技術を使用しているため、企業は自社製品の展開前に適切な予防措置を取ることが簡単にできます。

カタログ ダウンロード

機能

Clarityは、ソースコードやリバースエンジニアリングを必要としない独自のフィンガーマッチング技術を活用して、バイナリコード(フィンガープリンティング)から文字列、関数、変数など識別でき、多数のオープンソースリポジトリで管理されているオープンソースコンポーネントから収集したフィンガープリントと比較します。

完全マッチとファジーマッチ :

特長

アプリケーション層

データベース層

脆弱性情報データベースとの連携

事例

ユーザーケース 顧客事例
セキュリティおよびコンプライアンスに関するファームウェアスキャン IoTハードウェアOEM、IoTデバイスを展開するエンドユーザー
セキュリティとコンプライアンスをスキャンするクライアント側のアプリケーション App Storeオペレータ、APP開発者、APPのエンドユーザ
セキュリティをスキャンするサーバー側のソフトウェア 金融機関、Eコマースオペレータ、政府
ソフトウェアIP検証 M&Aアドバイザー、ソフトウェアIP訴訟顧問

デモ


カタログ ダウンロード

お問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

ページのトップへ戻る