(株)グレープシステム ホームページ

トップ > 製品情報 > オーブンソース > オープンソースバイナリセキュリティ管理

オープンソースバイナリセキュリティ管理

Clarity

Insignaryが開発したClarityは、組み込みファームウェアやセキュリティ上の脆弱性があるバイナリに向け、事前スキャンを通してから、潜在的なライセンスコンプライアンスの問題を識別できます。Clarityは、特別なフィンガープリント技術を導入してきたから、ソースコードなしでバイナリ上で動作可能になり、企業にとってはシンプルな適切な予防措置となります。

機能

Clarityは、バイナリ分析ツール(Binary Analysis Tool, BAT)と言うテクノロジフレームワークを通して、スキャンの忠実度を増強してきて、先進なセキュリティ分析技術です。BATには、以下の特徴があります。

特長

アプリケーション層

データベース層

ワークフロー

お問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

ページのトップへ戻る