(株)グレープシステム ホームページ

トップ > 会社案内 > 沿革

沿革

1991年7月 横浜市にて会社設立(資本金 1,000万円)
8月 盛岡市、大阪市に事業所開設
10月 資本金を 8,000万円に増資
1993年7月 本社を柳川ビル(横浜市西区)に移転
1995年5月 リアルタイムOS販売開始
1996年7月 ラベル印刷ソフト「夢ぷりんと」発売
1998年5月 組み込みミドルウェア「GRAPEWARE」発売
1999年4月 プリントシステム開発キット「GR-PDK」他発売
9月 GR-USBシリーズ開発開始
2000年1月 社団法人 トロン協会 加入
5月 本社を横浜みなとみらい地区に移転
2001年4月 JAGAT(社団法人日本印刷技術協会)加入
5月 資本金を 9,750万円に増資
2002年6月 リアルタイムOS「ThreadX」販売代理店契約締結
T-Engine Forum へ参加
2004年12月 JBMIA(社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会)加入
2005年5月 JASA(社団法人組込みシステム技術協会)加入
8月 横浜商工会議所加入
2007年3月 横浜エンべデッドコンソーシアム 組織委員 幹事
2008年3月 資本金を 9,850万円に増資
11月 長尺印刷ソフト「ワイドぷりんとNEO」発売
2010年2月 Windows® Embedded パートナーに認定
2011年4月 「携帯電話対応音声コードドライバー」をはじめとする
音声コード関連製品及びソリューションのご提供開始
2017年3月 岐阜市に事業所開設
10月 つくばみらい市に事業所開設


会社概要PDF ダウンロード

社名の由来

葡萄の一粒 (= 個) から大きな房 (= 調和のとれた集団) になり、また、一粒 (= 要素技術)から房 (= 統合された技術) を作り出す、グレープシステムはこんなことを目指しています。

ページのトップへ戻る